相続税対策のための生前贈与の基礎控除

相続税対策はいろいろありますが、基本的にはまず税金がかからない贈与を子供へ毎年することです。
現在は受け取る人が一人年間110万円までの贈与は税金がかかりません。
これを親が生きている限り毎年実施するのです。
生前贈与による相続税対策と言われている方法です。

例えば子供が3人いれば一人110万円×3人で330万円が贈与できます。
この場合通帳は贈与を受けた人が管理し、通帳の印鑑も贈与を受けた人のものでなくては税務署は認めません。

次に実子は当然相続人となりますが、養子であっても、一人までは認められます。
相続人が増えると基礎控除が増加してかなり節税になります。
多い例は孫一人を養子縁組して養子とすることです。
子供の配偶者と養子縁組して養子としても良いのです。

また孫へも年110万円までは無税です。
何人でも税金がかかりません。
対策として、ぜひ考えてみてください。

他にも結婚して20年以上が経過した夫婦は、住んでいる土地や家屋を所有者から配偶者へ贈与したり、住むための土地や家屋を購入するための金銭を贈与した場合は2,000万円プラス110万円が無税になると言う制度もあります。
これはぜひお勧めです。

また子供が家を新築する場合親からの贈与が一定の条件を満たしている場合贈与税が一定金額までかからないとか、孫への住宅新築贈与が一定の条件のもと一定金額まで無税になるとか、孫への教育資金が一定の条件下で一定金額まで無税になるとかの制度もあります。
良く研究して利用することをお勧めします。

参考サイト:相続税対策ガイド

生前贈与は相続税対策として本当にメリットはあるのか?

H27年の法改正により、相続税の基礎排除額のラインが随分と低くなってしまいました、
そのため、節税対策として生前贈与を考えるケースが増えてきました。

生前贈与は、簡単にいうと被相続人が生存中に財産を贈与してしまうという事です。
これにより、被相続人が死亡した後の資産の額を減らして相続税の支払い負担を減らす事が可能になります。

こうした狙いから興味を持つ人が増えているのです。
ところが、詳細な知識もなく生前贈与を行ってしまうと、逆効果となってしまう事も少なくありません。

節税対策したはずなのに、通常の相続税よりも結局多くの支払いが必要となる事もあるのです。
ですから生前贈与=相続税対策とは一概には言えません。

そもそも生前贈与の本当の意味でのメリットは、節税ではなく被相続人の意志がきちんと反映されやすいという事ですね。
もしも、節税対策として行いたいと考えているなら、弁護士や司法書士に一度相談をしてみるべきでしょう。

ただし、相談は無料の事務所が多いですが依頼をするとなると着手金や報酬金が発生します。
節税対策という意味で生前贈与をしたいなら、そういった費用などもトータルでよく考える必要がありますね。

本当にする意味があるのかかどうかを、しっかりと考えてから行動にうつした方が良いでしょう。

相続税対策で生前贈与すれば節税になる

遺産相続で困った事になるのが、税金の支払いをしないといけないというのがあります。
もちろん遺産が少なければ、税金の心配をしなくても良いです。
ですが、財産が多いと相続税を支払う必要が出てきます。

しかも財産が多くなればなるほど、税金もドンドン高くなっていきます。
それで税金の支払いが大変な事になってしまったという人がいるのも確かです。

では、支払いをどうにか減らす方法はないかという話ですが、やろうと思えば減らせない事はないです。
それは何かというと、相続税対策として生前贈与する事で、財産を減らして税金の支払いを減らす事が可能になります。

ただ贈与税というのがあるので、全く負担がないわけではないので、その点は注意しないといけないですが、上手く使えば全く贈与税を払う事なく遺産を譲り受ける事が可能になります。
なので遺産を譲り受ける事になる前に、生前贈与を受ける事で相続税対策が可能になります。

ですから親の財産を受け継ぐのは亡くなった後で良いと安易に考えずに、生前贈与を受けるのが大事になってきます。
実際に多くの人が生前にはお金の話をしたくないと思って、生前贈与を受けない事が多いですが、それでは相続税対策はできないです。